研究発表会 Feed

2018年4月17日 (火)

第40回総会・第70回研究発表会

日時 2018年5月12日(土)13:30-17:15
会場 上智大学四谷キャンパス6号館6-203教室、6-204教室
交通 JR中央線、東京メトロ丸ノ内線・南北線 四ツ谷駅下車徒歩5分|地図

プログラム
12:00 役員会(6-203教室) 役員および事務局員はご出席ください(ご欠席の方は、必ず事務局までご連絡下さい)。

13:15 受付開始(6-204教室)

13:30 総会(6-204教室)

14:00 研究発表(6-203教室)
14:00-14:40 黒須祐貴(上智大学大学院) 司会:田村真弓(大東文化大学)
『ペリクリーズ』における罪 — ゆるされる罪と罰せられる罪

14:50-15:30 岡田大樹(専修大学大学院) 司会:平塚博子(日本大学)
SanctuaryとSanctuary: The Ogirinal Textにおける登場人物の呼称の問題

15:40-17:15 講演(6-204教室) 講師:畔柳和代(東京医科歯科大学) 司会:飯野友幸(上智大学)
理想の翻訳、現実の翻訳

17:45-19:15 懇親会(13号館303号室) 会費:4,000円 第36回刈田賞および第35回ロゲンドルフ賞の授与を行います。

第70回研究発表会:発表・講演要旨

『ペリクリーズ』における罪 ― ゆるされる罪と罰せられる罪
黒須祐貴
 ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare, 1564-1616)による『ペリクリーズ』『冬物語』『シンベリン』『テンペスト』は、ロマンス劇と一括りにされながらも、『ペリクリーズ』だけは中世の宗教劇における「罪のゆるし」というテーマを引き継いではいないと考えられてきた。しかしながら、シェイクスピアは、最初のロマンス劇である『ペリクリーズ』においても「罪のゆるし」という伝統のテーマをすでに実質的に扱っていたのではないだろうか。 本発表では、ペリクリーズとマリーナの父娘に焦点を当て、『リア王』における父娘であるリアとコーディリアを比較・対照しつつ、『ペリクリーズ』における罪とそのゆるしの問題を探ってみたい。

SanctuarySanctuary: The Ogirinal Textにおける登場人物の呼称の問題
岡田大樹
 William Faulknerの第六長篇Sanctuary(1936)には二種類のテクストが存在する。1929年に執筆された原稿版と、1930年に大幅な推敲を受けた改稿版である。両者の間の差異は従来もフォークナーの文体の劇的な変化の痕跡として比較研究されてきたが、その検証は主に加筆や削除の分析に限られてきた。本発表ではテクストの順序の入れ替えという特徴的な改稿に注目しながら、二種類のテクストにおけるふたりの登場人物TommyとPopeyeの呼称の変化がもつ意味を検証する。

理想の翻訳、現実の翻訳
畔柳和代
 大学の授業で翻訳について話すときには、訳書が刊行されるまでのプロセスを、訳者の観点から簡単に紹介するようにしています。訳者の仕事は、訳書作りの一部だと考えてのことです。
 翻訳自体に焦点を絞れば、翻訳もいくつかの工程が組み合わさったプロセスだといえるでしょう。ただ、一つの作品を訳すとき、〆切はあっても、マニュアルや工程表はありません。原作の範囲内という条件下とはいえ、訳者は訳し方や取り組み方、工夫の仕方を自由に選ぶことができます。そしてこの自由には当然、失敗をするリスクも伴います。
 今回は、翻訳に取り組むときに理想としていることと、理想とかけ離れた現実と失敗について、いくつかの文芸作品の翻訳から実例を引きながらお話ししたいと思います。

畔柳和代先生の主な訳業
 キャロル・エムシュウィラー『すべての終わりと始まり』(国書刊行会、2007)
 フィリップ・プティ『マン・オン・ワイヤー』(白揚社、2009)
 マーガレット・アトウッド『オリクスとクレイク』(早川書房、2016)
 フランシス・ホジソン・バーネット『秘密の花園』(新潮文庫、2016)
 その他多数

2018年1月19日 (金)

2018年度研究発表会:予告

2018年5月12日(土)、上智大学四谷キャンパスにて開催予定。

発表を希望する方は事務局にご連絡願います。2月末日までに、氏名、所属、タイトル、200字程度の要旨をお送り下さい。

当学会編の新刊『書斎の外のシェイクスピア』(金星堂、2017年)のお披露目も行われます。

2017年4月12日 (水)

第39回総会・第69回研究発表会

今大会は、ジョナサン・スウィフト生誕350周年を記念した企画です。皆様のご参加をお待ちしております。準備の都合上、出欠を4月27日(木)までに事務局までお知らせ下さい。

日時 2017年5月13日(土)13:30-17:15
会場 上智大学四谷キャンパス6号館6-203教室、6-204教室
交通 JR中央線、東京メトロ丸ノ内線・南北線 四ツ谷駅下車徒歩5分|地図

プログラム
12:00 役員会(6-203教室) 役員および事務局員はご出席ください(ご欠席の方は、必ず事務局までご連絡下さい)。

13:15 受付開始(6-204教室)

13:30 総会(6-204教室)

14:00 研究発表(6-203教室)
14:00-14:40 下川舞子(上智大学大学院) 司会:米田ローレンス正和(白百合女子大学)
スウィフトと機械的詩作論

14:50-15:30 浦口理麻(東京学芸大学) 司会:土井良子(白百合女子大学)
ジョナサン・スウィフトとアイルランド植民地問題

15:40-17:15 講演(6-204教室) 中島渉(明治大学) 司会:小林章夫(帝京大学)
変節者の本意とは? — ジョナサン・スウィフトの政治思想を探る

17:45-19:15 懇親会(13号館303号室) 会費:4,000円 第35回刈田賞および第34回ロゲンドルフ賞の授与を行います。

第69回研究発表会:発表・講演要旨

スウィフトと機械的詩作論
下川舞子
 『霊感の機械的操作論』(1704)において、自らを人工的にトランス状態に持っていくための様々な即物的工夫を凝らし、その結果として現れた「機械的光明」を崇める者達の描写には、熱狂に対するスウィフトの強い反感が反映されている。しかし、体内を「たちまち駆け上ってくる蒸気」によって陶酔状態に陥るというこの疑似医学論は、スウィフトのパトロンであったテンプルが、偉大な詩人の脳には「ある種の熱」が働きかけているのではないかという記述とも類似点を持つ。本論は、機械論的に見た人体が知的活動に及ぼす影響を解明しようとする近代自然哲学の試みと、詩作論とが交差する点として、スウィフトの風刺を読む事を試みる。

ジョナサン・スウィフトとアイルランド植民地問題
浦口理麻
 ジョナサン・スウィフト(Jonathan Swift, 1667-1745)はアングロ・アイリッシュであるため、彼の作品にはアイルランド寄りの視点とイングランド寄りの視点が混在している。そのため、イングランドのアイルランド支配の問題に対するスウィフトの態度には時に矛盾が見られることもある。この矛盾に関してはすでに数多くの論考があるが、多くのものが1720年代以降の作品を分析対象としている。本発表においてはアイルランドの問題が扱われた1700年代の2つの作品に注目しながらスウィフトの曖昧性を論じていく。また、作品の中ではスコットランドの問題も扱われているので、イングランド、スコットランド、アイルランドの関係にも注目したい。

変節者の本意とは? — ジョナサン・スウィフトの政治思想を探る
中島渉
 二大政党が根づきだした18世紀初頭のイギリス政界にあって、ホイッグからトーリーへの転向を果たしたとされるジョナサン・スウィフトだが、その言説の真の党派性をめぐっては、専門家の間でも未だに意見が分かれている。一見したところ中道を装い、容易に言質をとらせないその筆致に読者は翻弄されるのが常だけれども、代表作『ガリバー旅行記』の例を見るまでもなく、彼の主義主張には何らかの強烈なバイアスがかかっていることは疑いない。
 結局スウィフトはホイッグなのか、トーリーなのか。それとも何か別のアプローチは可能なのか。本講演では、彼の政治文書を貫く堅固な保守性に着目し、その国家観の実像をとらえることに努めてみたい。

2016年12月15日 (木)

2017年度研究発表会:予告

2017年5月13日(土)、上智大学四谷キャンパスにて開催予定。

発表を希望する方は事務局にご連絡願います。氏名、所属、タイトル、200字程度の要旨をお送り下さい。

ジョナサン・スウィフト(1667-1745)生誕350周年を記念した企画を予定しています。

2016年5月 3日 (火)

第38回総会・第68回研究発表会

準備の都合上、出欠を4月28日(木)までに事務局までお知らせ下さい。

日時 2016年5月14日(土)12:45-17:15
会場 上智大学四谷キャンパス2号館2-402教室、2-403教室
交通 JR中央線、東京メトロ丸ノ内線・南北線 四ツ谷駅下車徒歩5分|地図

プログラム
12:00 役員会(2-402教室) ご出席下さる役員は事前に事務局までご連絡下さい。

12:30 受付開始(2-402教室)

12:45 総会(2-403教室)

13:15 研究発表(2-402教室)
13:15-13:55 岸啓介(上智大学大学院) 司会:鷲尾郁(明治大学)
“You Done Me Wrong” ― Gertrude “Ma” Raineyの“Stack O’Lee Blues”に見られる悪漢のイメージ

14:00-14:40 田村真弓(上智大学) 司会:東郷公徳(上智大学)
王政復古期のシェイクスピア劇 — マスク化されたThe Tempest

14:45-17:15 シンポジウム(2-403教室) 石塚倫子(東京家政大学)、杉木良明(上智大学)、武岡由樹子(上智大学)、西能史(上智大学) 司会:舟川一彦(上智大学)
書斎の外のシェイクスピア

17:45-19:15 懇親会(紀尾井坂ビル5階会議室2) 会費:4,000円 第34回刈田賞および第33回ロゲンドルフ賞の授与を行います。

第68回研究発表会:発表・シンポジウム要旨

“You Done Me Wrong” ― Gertrude “Ma” Raineyの“Stack O’Lee Blues”に見られる悪漢のイメージ
岸啓介
 ガートルード・マ・レイニーは、1920年代のいわゆるクラシック・ブルースを代表する歌手の一人である。彼女の歌った『スタック・オリー・ブルース』は黒人口承文化における原型的な悪漢Stagger Leeを扱っているが、女性の視点から描かれるこの悪漢像について従来あまり論じられて来なかった。本発表では、マ・レイニー版の歌詞=テクストを読解するにあたり、サブテクストとして存在する別の伝承にも着目することで、当時の女性ブルース歌手の歌唱に込められた重層性を読み取りたい。

王政復古期のシェイクスピア劇 — マスク化されたThe Tempest
田村真弓
 William Shakespeare (1564-1616)の作品中、最も音楽性の豊かな劇であるThe Tempest (1611)は、王政復古期の上演時に、歌と踊りの要素を増して、「オペラ化」されたと言われてきた。しかし、この時代に改訂されたThe Tempestは、実は「オペラ化」されたのではなく、「マスク(仮面劇)化」されたのではないだろうか。本発表では、John Dryden (1631-1700)とWilliam D’Avenant (1606-68)によるThe Enchanted Island (1667)とThomas Shadwell (1642?-92)のThe Enchanted Island (1674)を主要なテクストとして取り上げ、オペラとマスクの本質的な違いやマスクの政治性に焦点を当てながら、王政復古期のThe Tempest上演の意義を明らかにしようと思う。

書斎の外のシェイクスピア
石塚倫子、杉木良明、武岡由樹子
 今年はシェイクスピアの没後400年にあたります。それを記念して、書斎で作品を読んだり劇場で観劇したりするだけではない、シェイクスピアを楽しむ多様な視点を探ってみます。そもそもシェイクスピアという人物そのものがミステリーであり、つきない興味の源泉ですので、まずは様々な伝記から得られる食い違った情報やいくつかの別人説等々を紹介し、シェイクスピアの生涯の謎や時代背景について考えてみます(武岡)。続いて、400年を越える上演の歴史を振り返ることによって、彼の作品が異なる時代や文化を背景にどのように受容され、各時代や国の観客にどんな刺戟を与えてきたかを見るために、シェイクスピア上演史を①エリザベス時代からヴィクトリア時代まで(杉木)、②20–21世紀(西)、③日本(翻訳史を含む)(石塚)、という具合に分担して紹介します。

2016年1月 7日 (木)

2016年度研究発表会:予告

2016年5月14日(土)、上智大学四谷キャンパスにて開催予定。

発表を希望する方は2月5日(金)までに事務局にご連絡願います。氏名、所属、タイトル、200字程度の要旨をお送り下さい。

2015年4月17日 (金)

第37回総会・第67回研究発表会

準備の都合上、出欠を4月30日(木)までに事務局までお知らせ下さい。

日時 2015年5月16日(土)13:30-17:15
会場 上智大学四谷キャンパス11号館11-305教室、11-311教室
交通 JR中央線、東京メトロ丸ノ内線・南北線 四ツ谷駅下車徒歩5分|地図

プログラム
12:30 役員会(11-305教室) ご出席下さる役員は事前に事務局までご連絡下さい。

13:00 受付開始(11-305教室)

13:30 総会(11-311教室)

14:00 研究発表(11-305教室)
14:00-14:40 山本真由美(上智大学大学院) 司会:米田ローレンス正和(帝京大学)
『鎖を解かれたプロメテウス』におけるシェリーの詩精神の体現

14:50-15:30 高橋悠香(上智大学大学院) 司会:浦口理麻(東京学芸大学)
国民の自立と教育 ― CarlyleとYoung Irelandを中心に

15:45-17:15 特別講演(11-311教室) 徳永守儀(東洋大学名誉教授) 司会:小野昌(元城西大学教授)
Barbara W. Tuchman, A Distant Mirror 『遠い鏡』翻訳発刊までの遠い道

17:30-19:00 懇親会(紀尾井坂ビル5階会議室4) 会費:4,000円 第33回刈田賞および第32回ロゲンドルフ賞の授与を行います。

18年ワークショップ関連図書

|新着|日本アメリカ文学会

|新着|アメリカ学会