4. 刈田賞・ロゲンドルフ賞

  1. 目的 両賞は本会会員の学術研究の奨励を目的とする。
  2. 基金 故刈田元司名誉会長の寄付による80万円及び故菅野一日本大学顧問(故ロンゲンドルフ師友人)その他による寄付30万円、計110万円とする。
  3. 賞金 両賞の賞金はそれぞれ3万円とする。
  4. 対象論文 会誌Soundingsに掲載された優秀論文2編を受賞の対象とする。
    2. 但し、上記2編のうち1編を刈田賞(主としてアメリカ文学)とし他の1編をロゲンドルフ賞(主として英文学、英語学)とする。
  5. 審査・決定 受賞論文の審査は、会長が、以下に定める推薦委員の投票に基づいて行ない、受賞論文を決定する。
  6. 発表 本会総会において前年度会誌掲載の受賞論文を発表する。
  7. 推薦委員 推薦委員は評議員、編集委員ならびに査読者とする。
    2. 推薦委員は、投票によって優秀論文を推薦する。
    3. 推薦委員による投票は、事務局において集計し、会長に報告する。
  8. 佳作 上記審査において、受賞該当論文がない場合には、各賞に準ずる論文2編ずつを佳作とし、それぞれに賞金1万円を贈呈する。

付則 本内規の改正は役員会の議決により行なうものとする。
2. 本内規は昭和58年5月7日より施行する。
3. 昭和59年5月16日改正
4. 昭和61年3月3日改正
5. 平成10年3月13日改正
6. 平成11年3月6日改正
7. 平成12年9月22日改正
8. 平成28年5月14日改正

|新着|日本アメリカ文学会

|新着|アメリカ学会