6. ワークショップ

本会はこれまで安西徹雄先生、青山義孝先生、小林章夫先生、巽孝之先生を講師に招き、年に一、二度ワークショップを開催してきました。以下は巽孝之先生を講師に迎えたワークショップの一覧です。

  1. 1999年7月10日(土)
    テキスト Jonathan Culler, Literary Theory: A Very Short Introduction (Oxford: Oxford UP, 1997)
  2. 2000年2月5日(土)
    テキスト Harriett Hawkins, Strange Attractors: Literature, Culture and Chaos Theory (New York: Prentice Hall / Harvester Wheatsheaf, 1995)

  3. 2000年9月9日(土)
    テキスト Cathy N. Davidson, ed., Reading in America: Literature & Social History (Baltimore: Johns Hopkins UP, 1989)

  4. 2001年3月31日(土)
    テキスト James L. Machor, ed., Readers in History: Nineteenth-Century American Literature and the Contexts of Response (Baltimore: Johns Hopkins UP, 1993)

  5. 2001年9月14日(金)
    テキスト Marilyn Ivy, Discourses of the Vanishing: Modernity, Phantasm, Japan (Chicago: U of Chicago P, 1995)
    参考文献 巽孝之『メタファーはなぜ殺される ― 現在批評講義』(松柏社、2000年)

  6. 2002年3月16日(土)
    テキスト 巽孝之『リンカーンの世紀 ― アメリカ大統領たちの文学思想史』(青土社、2002年)
    参考文献 David Robertson, Booth: A Novel (New York: Doubleday, 1998)

  7. 2002年9月7日(土)
    テキスト John R. May, Toward a New Earth: Apocalypse in the American Novel (Notre Dame: U of Notre Dame P, 1972)

  8. 2003年3月29日(土)
    テキスト 巽孝之『アメリカ文学史 ― 駆動する物語の時空間』(慶應義塾大学出版会、2003年)

  9. 2004年3月18日(木)
    テーマ 「クリプトミメーシス ― T. S. Eliotの"Tradition and the Individual Talent"を読み直す」

  10. 2005年3月12日(木)
    テキスト D. H. Lawrence, Studies in Classic American Literature (1923)

  11. 2006年3月27日(月)
    テキスト Herman Melville, Moby-Dick (New York: Norton, 2002)
    参考文献 巽孝之『「白鯨」アメリカン・スタディーズ』(みすず書房、2005年)

  12. 2007年3月10日(土)
    テーマ "Poe, Eliot, and Nabokov"
    テキスト 巽孝之・荻野アンナ編著『人造美女は可能か?』(慶應義塾大学出版会、2006年)

  13. 2009年3月14日(土)
    テーマ 「アメリカにおける反知性主義」
    テキスト 巽孝之編著『反知性の帝国 ― アメリカ・文学・精神史』(南雲堂、2008年)

  14. 2010年3月6日(土)
    テーマ 「書評の方法」
    テキスト 巽孝之『想い出のブックカフェ ― 巽孝之書評集成』(研究社、2009年)

  15. 2011年2月26日(土)
    テーマ 「アンソロジーの編集」
    テキスト 巽孝之『新・アメリカ文学』(慶應義塾大学出版会、2010年)

  16. 2012年2月25日(土)
    テーマ 「コメンタリーの作法」
    テキスト Nanzan Review of American Studies. Vol. XXXIII. (Nagoya: The Center for American Studies, Nanzan University, 2011)

  17. 2013年2月23日(土)
    テーマ 「甦るポール・ド・マン」
    テキスト ポール・ド・マン『盲目と洞察 ― 現代批評の修辞学における試論』(宮﨑裕助・木内久美子訳、月曜社、2012年)『読むことのアレゴリー ― ルソー、ニーチェ、リルケ、プルーストにおける比喩的言語』(土田知則訳、岩波書店、2012年)

  18. 2014年3月1日(土)
    テーマ 「モダニズムの惑星」
    テキスト 巽孝之『モダニズムの惑星 ― 英米文学思想史の修辞学』(岩波書店、2013年)

  19. 2015年3月21日(土)
    テーマ 「ハンナ・アーレントの文学史」
    テキスト Hannah Arendt, Eichmann in Jerusalem: A Report on the Banality of Evil (1963; New York: Penguin, 1994)[ハンナ・アーレント『イェルサレムのアイヒマン ― 悪の陳腐さについての報告』(大久保和郎訳、みすず書房、新装版、1994年)]

  20. 2016年2月27日(土)
    テーマ 「文学批評と映画批評」
    テキスト Nathaniel Philbrick, In the Heart of the Sea: The Tragedy of the Whaleship Essex (New York: Penguin, 2000)[ナサニエル・フィルブリック『白鯨との闘い』(相原真理子訳、集英社文庫)]
    参考文献 巽孝之『「白鯨」アメリカン・スタディーズ』(みすず書房、2005年)

  21. 2017年3月4日(土)
    テーマ 「大学という物語 ― Academic Novelを中心に」
    テキスト 巽孝之『盗まれた廃墟 ― ポール・ド・マンのアメリカ』(彩流社、2016年)

|新着|日本アメリカ文学会

|新着|アメリカ学会